境内のご案内

トップページ »  境内のご案内

境内のご案内

建物名をクリックすると詳しい説明が表示されます。

境内のご案内
本殿
拝殿
斎館・社務所
絵馬殿
恵比寿神社
手水舎
神楽殿
梅風閣
楠公神社
金山神社
松尾神社
末社
愛染神社
菅原道真公歌碑
参議有長歌碑
天神会館
正面鳥居

境内建物一覧(クリックすると詳しい説明が表示されます。)

社殿

境内神社

神社内施設

境内歌碑

本殿

本殿

両殿とも一間社流造極彩色銅版葺で、明治8年の建替。平成14年の御正忌大祭記念事業で、荘厳な本殿として全面的に改修されました。

拝殿

拝殿

幣殿を伴う拝殿は入母屋造極彩色銅版葺で、正面には伏見宮貞愛親王御親筆の社号額(明治30年)が掲げられています。

社務所

斎館・社務所

昭和39年に竣工しました。

絵馬殿

絵馬殿

60数面に及ぶ江戸時代中期以降の奉納絵馬を一同に保存しています。御正忌大祭記念事業で、常設の絵馬殿として改修されました。

恵比寿神社

恵比寿神社

本町一丁目の守護神として寛保2年(1742)に鎮座されました。

手水舎

手水舎

本殿に勝るとも劣らぬ細微な彫刻と極彩色に施された洗心の場である手水舎。

神楽殿

神楽殿

江戸時代前期寛文12(1672)年に建立され改修が重ねられた、当神社に現存する最古の建物。元は拝殿で、優美な姿はそのままに瓦から銅版に葺き替えられました。

梅風閣

梅風閣

平成7年に竣工しました。

楠公神社

楠公神社

昭和10年、崇敬者の奉賛により奉祀されました。

金山神社

金山神社

松尾神社

松尾神社

天保8年(1837)勧請と伝えます。

末社

末社

向かって右が末社です。
(左は金山神社、中は松尾神社です。)

愛染神社

愛染神社

菅原道真公歌碑

菅原道真公歌碑

菅公御神筆 延喜元年御詠

「こちふかば にほひおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春なわすれそ」

参議有長歌碑

参議有長歌碑

参議有長

「天満る 神のめぐみぞ なほ深き ふかしてふ名の 世々にたえずば」

正面鳥居

天神会館

さまざまな会議・宴席・教室等に利用いただけます。

正面鳥居

正面鳥居

掲げられる「深志神社」の社号額は天保12年(1841)に正式名称として許可された時、神祇道管領長上卜部良芳の揮毫で、由緒あるものです。

 
お宮参り、七五三、神前挙式などお気軽にお問い合わせください