page top
新着情報

鎌田天満宮 深志神社合祀百年祭

2009年5月 3日

鎌田天満宮 深志神社合祀百年記念祭

 

当深志神社の御祭神天神様は、もともとは鎌田の地に鎮座され、鎌田天満宮と称していました。

明治42年(1909)4月25日に神社合併の令により、鎌田の地から深志神社へ合祀(勧請は慶長19年6月25日)となり、

宮村明神(お諏訪様)の北へ鎮座され、宮村明神・深志天神を主祭神として、現在の深志神社に至る。

本殿2 拝殿0

今年は合祀より100年の記念の年を迎え、同日4月25日に鎌田町会と合同で記念祭を斎行しました。

現在鎌田天満宮跡地は児童遊園となっており、天満宮跡地の碑が残っています。

P1050930  P1050934

P1040742 P1050939 

 

午後1時30分より、鎌田天満宮跡地での記念祭斎行

鎌田100年祭 (94) 鎌田100年祭 (122)

鎌田100年祭 (109) 鎌田100年祭 (12)

町会より、天神様縁の紅梅の奉納があり、本殿前・跡地にそれぞれ植樹を行いました。春を告げる梅の花、来春には香り豊かに咲き誇り、私達を楽しませてくれるでしょう。

鎌田100年祭 (68) 鎌田100年祭 (96) 鎌田100年祭 (124)

鎌田100年祭 (83) 鎌田100年祭 (14) 鎌田100年祭

当日は大雨にもかかわらず大勢のご参列を頂き、賑々しく盛大に斎行されました。

 

引き続き3時30分より 深志神社にて記念祭斎行

鎌田100年祭 (87) 鎌田100年祭 (4)

鎌田100年祭 (88) 鎌田100年祭 (130)

宮司以下職員の奉仕により、大前にて厳かに斎行されました。

 

鎌田天満宮 深志神社合祀百年記念講演

「鎌田天満宮の歴史」

松本市文化財審議委員会 副委員長

中川 治雄先生

鎌田100年祭 (21) 鎌田100年祭 (77)

鎌田天満宮の由来・歴史を時代背景と共に、丁寧に講演されていました。

 

 

合祀から百年の年を数え、平成26年(2014)には、勧請より400年を迎えることとなります。

時代を超えて愛されている天神様の御神徳を広く伝え、守り行かなければならないと、改めて感じた日となりました。

新着情報
ページTOPへ