page top
新着情報

舞台保存会だより41 天神まつり舞台出場の御案内

2011年7月14日

天神まつり舞台出場のご案内

(掲載の写真はクリックで拡大します)

 

例年になく早い梅雨入りと、異常に早い梅雨明け。太平洋高気圧が一気に列島を席巻し、信州松本も連日35度越えの猛暑日が続きます。早くも夏真っ盛りとなりました。こんな調子では7月24日25日の例祭「天神まつり」にはどんなことになっているのでしょうか。深志神社の勤務者にとっては今年も過酷な夏となりそうです。

さて、去る8日に舞台町内合同会議が開かれ、天神まつりの舞台運行予定と配置が決まりましたので、祭礼に先立ってご案内いたします。

 

7月24日(日)am.6:00?7:00

深志神社周辺の「天神舞台庫」「宮村舞台庫」より舞台を曳き出し、早朝曳行して、各町内所定の場所に置きます。

配置は下図のとおり。なお、本町5丁目舞台は本年修復のため欠場。また、博労町舞台の曳き出しは夕刻になります。

天神祭MAP

(天神まつり「舞台マップ」提灯型のアイコンの場所に舞台があります)

7月24日(日)pm.16:00?18:00

上記の場所から舞台を曳き、深志神社境内に曳き込みます。

神社境内は神楽殿で演芸が催され、露店が立ち並び狭隘になった参道を、舞台の曳き入れと人の波が交錯し、一気に祭礼のムードが高まります。神社では午後7時から前夜祭が斎行されます。

DSCF1517

(舞台の境内への曳き入れ風景)

7月25日(月)

境内で一夜を明かした舞台は、朝方幌を外し、しっとりとした姿で並んでいます。そのまま午後3時半の出発まで境内に置かれます。

午前11時、例大祭斎行。

午後2時、神輿発御の儀。拝殿前で修祓神事を行い、人の肩に担がれた元禄神輿と車載の神輿、二基の神輿が氏子町内巡幸に出発します。

7月25日(月)pm.3:00?6:00

午後3時より、神楽殿にて「松本の祭囃子伝承スクール」子供たちによるお囃子の発表会。

2010_0725登城行列0063 2010_0725登城行列0068

(お囃子発表会風景)

終了後、(3時半頃)境内の舞台が一台ずつ進み、神前でお祓いを受けてから各町内に散って行きます。舞台はそれぞれ町内を曳き回され、概ね6時を目安に各舞台庫に納まります。

今回はこれだけです。以下昨年の7月24日、町内に置かれた舞台の写真を貼っておきます。

DSCF1379

(本町3丁目、4丁目舞台 深志神社境内)

DSCF1395

(宮村町1丁目舞台 宮村町「旧武田医院」前)

DSCF1399

(中町1丁目舞台 中町と大橋通りの角 中町小公園)

DSCF1408

(中町2丁目、3丁目舞台 中町「蔵シック館」前)

DSCF1465

(飯田町1丁目舞台 「尾張屋駐車場」前)

DSCF1476

(本町1丁目舞台 本町「オカダヤ」前)

DSCF1470

(本町2丁目舞台 本町「小口時計店」前)

DSCF1480

(伊勢町1丁目舞台 伊勢町「アイパーク」前)

DSCF1488

(伊勢町2丁目舞台 伊勢町「Mウイング」前)

DSCF1492

(本町5丁目舞台 天神小路入り口 今年は出場しません)

DSCF1498

(博労町舞台庫 隣は博労町「大日様」せめて扉だけでも開けておいてほしい 朝から曳き回すわけではなし…)

DSCF1503

(飯田町2丁目舞台 理容室・美容室「ニュー東京」前)

DSCF1510

(小池町舞台 「碇屋漆器店」向かいの駐車場 隣は小池町「秋葉神社」)

今年は伊勢町3丁目舞台が修復を終え、伊勢町「原歯科医院」前に置かれます。

舞台は今年も同じ場所にあるとは限りません。舞台マップでご確認ください。

新着情報
ページTOPへ