舞台・神輿

トップページ »  舞台・神輿

豪華絢爛 松本深志舞台 18台

祭礼に繰り出す山車を、松本では舞台と呼びます。深志神社の例祭に曵かれる氏子町内の舞台は16台。平成13年、女鳥羽川北の2台の舞台とともに「松本市重要有形民俗文化財」に指定されました。

毎年7月24日・25日、天神祭には深志神社境内に16台の舞台が曳き込まれ、各町内自慢の舞台が綺羅を競う様は松本の夏を代表する風物詩です。

*以下の写真をクリックすると各舞台の詳しい説明をご覧いただけます

松本深志舞台

現存する松本深志舞台の基準的な構造・様式は以下の通りです。

  • 四輪形式
    前輪が台輪の外に付く外輪で大きく、後輪は内輪で小さくなっています。
  • 二階形式
    下層は幅一間、奥行き二間の囃子台で、三方に張出しの勾欄が付いています。
    上下層の間に、四方に葺下ろしの起り屋根が付いています。
    上層は幅一間・奥行き一間で四本の丸柱の構成で屋根は切妻妻入で起り屋根の形式、四周に勾欄を回してあります。
  • 内部に人形を置く

現存最古の松本型舞台は寛政5年(1793年)ごろ制作の松本本町2丁目のもので、今も梓川村に残り、同様に最盛期の天保9年(1838年)建造の華麗な舞台も大町市に残っていて、県宝となっています。

松本深志舞台保存会

松本深志舞台保存会は松本の伝統的文化財である舞台の劣化と、舞台行事の衰退を危惧した舞台町会の有志により平成7年結成されました。現在、舞台のある18町のうち六九町を除く17町が加入し、舞台の修復と舞台囃子など伝統の復活を目途に活動をしています。

その成果として深志舞台は18台まとまって「松本市重要有形民俗文化財」に指定され、修理に際しては補助金の支給が受けられることとなり修復の機運が高まりました。平成20年現在で8台の舞台が修復を終えています。
修復に際しては信州大学工学部土本研究室の監修により学術的調査がなされ、学識研究者の指導のもと文化財としての修理復元がなされています。更に修復作業には地元の職人がチームを組んで携わり、先人が舞台という作品で遺した技術を修復という機会を捉えて伝承し、未来に伝えてゆこうとしています。深志舞台の修復は町会・学識者・職人が三位一体となって取り組み進められています。

舞台自体の修復事業が進む中、舞台行事の伝承・復活も保存会の重要な課題となってまいりました。舞台を所有する中心市街地町会では人口の空洞化・高齢少子化が進みお囃子の担い手である子供が減り、舞台囃子の伝承が難しくなりました。そこで平成20年より「松本の祭囃子伝承スクール」を開校し、お囃子の復活にも取り組んでいます。

写真:松本の祭囃子伝承スクール開校式
松本の祭囃子伝承スクール開校式

写真:祭囃子練習
祭囃子練習

舞台という有形の文化財を中心にした地域伝統文化の復活・再生が松本深志舞台保存会の目指すところです。

信州松本松深曾の活動

写真:信州松本松深曾

平成14年10月、菅公御正忌壱千壱百年大祭の記念行事である御神輿巡幸に、地元の担ぎ手として奉仕したのを機に、平成15年4月「信州松本 松深會」が発足しました。

【深い志しを以て松本を担ぐ】をモットーに、城下町松本の伝統を守り伝え、祭事、イベント等に参加し活動しています。

当神社の例大祭神輿渡御では、白丁烏帽子姿で御神輿を担ぎ、またお囃子、萬燈神輿で、厳粛かつ賑やかに御奉仕いただいています。

信州松本松深會ホームページはこちら信州松本松深會ホームページへ外部リンク

写真:本町一丁目舞台

本町一丁目

昭和14年建造、彫刻は大島五雲(井波)、金具は高岡で、塗りも螺細や蒔絵などあらゆる技術が注がれている。木彫刻・金具・塗りの三拍子揃う最も豪華な松本舞台。平成20年大改修。

写真:本町二丁目舞台

本町二丁目

昭和9年建造、彫刻は太田南海・清水湧水。西王母・寒山拾得など南海の人物彫刻が素晴らしい。4代目の舞台と伝えられる。3代目は大町市大黒町に売却され現在県宝である。

写真:本町三丁目舞台

本町三丁目

昭和13年建造、設計監督・彫刻は太田南海。正面の鷁首を始め彩色豊かで形態も特徴的。舞台全体を水鳥に見立てた設計思想が見事。平成15年大改修。

写真:本町四丁目舞台

本町四丁目

明治初期の建造、本来は屋根のない置台型で古典的な舞台形式。彫刻は少ないが木地が美しい。大きな飾り人形・神功皇后は非常に古く秀逸である。

写真:本町五丁目舞台

本町五丁目

明治初期の建造、4丁目とよく似た置台型二層構成で車輪も三輪式。御所車型の大きな車輪が印象的、簡素だが典雅な舞台である。人形は菅原道真公であるが現在積載せず。

写真:伊勢町一丁目舞台

伊勢町一丁目

明治25年頃の建造、三輪二層構成、二階部は唐破風飾り屋根付、垂れ幕囲い。彫刻は龍・鳳・麒麟・亀など。当初の姿は本町4・5丁目と似た置台型舞台と思われる。

写真:伊勢町二丁目舞台

伊勢町二丁目

明治25年飛騨高山より購入、明治35年頃漆塗り・彫刻を加えて完成したと伝えられる。原田蒼渓(伊勢町)彫になる仙人図などの彫刻が見事な典型的松本舞台。

写真:伊勢町三丁目舞台

伊勢町三丁目

明治25年の建造、大工は坂巻儀平。二階は目も絢な金天井。木彫刻は少ないが塗りの調子がよい。金具の出来も良く印象的。派手さはないが渋く玄人好みのする舞台。

写真:博労町舞台

博労町

江戸時代後期の建造、彫刻は名工立川和四郎、人形は鍾軌。二階柱はせり上がり式で下層側面には格子の蔀戸が付く。彫刻・金具・人形とも豪華秀逸で、松本最古・最大とされる典型的舞台。明治3年、平成11年大改修。

写真:中町一丁目舞台

中町一丁目

昭和9年建造、三代目の舞台とされる。木彫刻などは少なく簡素な舞台だが、人形「猩猩(しゅうじょう)」は初代からと伝えられるもので非常に古く秀逸。平成19年大改修。

写真:中町二丁目舞台

中町二丁目

明治45年建造、彫刻は太田鶴斎・南海親子、人形は「神武天皇」で鶴斎作。日本昔話や忠臣列伝など親しみやすい主題の木彫刻が多彩にちりばめられた特色ある舞台。

写真:中町三丁目舞台

中町三丁目

明治27年建造、人形は神職か? 前に進み首と手を振って幣束で祓いの仕草をするからくり人形。下層手摺りの子供の四季行事を描いた木彫刻が楽しく印象的。

写真:宮村町一丁目舞台

宮村町一丁目

明治20年代建造、もと櫓型構成であったという簡素な工法の舞台。飾り人形は須佐之男命で人形師田中徳斎翁の遺作。

写真:飯田町一丁目舞台

飯田町一丁目

明治18年建造、大工・矢沢寅三郎、彫刻は清水虎吉と伝えられ二十四孝や故事説話など人物彫刻が多彩、人形は高砂。二階屋根は2丁目とともに唐破風型。平成17年大改修。

写真:飯田町二丁目舞台

飯田町二丁目

明治5年建造、人形は蘭陵王。上下層とも床面が前方に張り出し、車輪は前輪が小さく後輪が大きい。これは他の舞台と逆で深志舞台の中でも特異な一台。平成18年大改修。

写真:小池町舞台

小池町

明治27年建造、製作は町内7名の大工ほか地元の技術者による。彫刻は清水虎吉で日本の古典説話や桃太郎を題材にした木彫刻が楽しい。平成17年大改修。

写真:東町二丁目舞台

東町二丁目

大正7年建造、大工・彫刻は清水湧水、日本神話を題材にした彫刻が素晴らしい質実重厚な舞台。現在北深志地区に残る唯一の舞台で、岡宮神社の祭礼(5月5日)に曳かれる。平成20年大改修。

写真:六九町舞台

六九町

明治30年建造、制作に関する詳細は不明だが構造は典型的な松本舞台。持送り部の彫刻「葡萄・リス」が写実的で非常に魅力的。四柱神社の祭礼(10月2日)に曳かれる。

 
お宮参り、七五三、神前挙式などお気軽にお問い合わせください