page top

ご祈祷・参拝

安産祈願

安産祈願は、5ヶ月目を迎えた妊婦が安産を祈願し、安らかに過ごせるようお願いをする儀式です。その後、無事にお生まれになりまして命名、お七夜、お宮参りとお子様の通過儀礼は続いていきます。安産祈願よりご利用頂ける、ご朱印紙を作成しました。ご参拝の際に印刷してお持ち下さい。
[ご朱印紙はこちらから]

お宮参り

生後30日頃に神社へ参拝し、誕生の感謝を捧げ、お子様の健やかな成長と神様の御加護を願う儀式です。安産祈願でお持ち頂いたご朱印紙はお宮参りの際にもお持ち下さい。

七五三

11月15日に、3歳・5歳の男の子、3歳・7歳の女の子が、神社にお参りして健康と成長を願う風習で、3歳になった男女が髪を伸ばし始めることから「髪置」、5歳になった男の子が袴をはき始めることから「袴着」、7歳になった女の子が大人の帯を付け始めることから「帯解」と、呼ばれています。近年では15日にとらわれずに、10月~12月に多く参拝されます。
[深志神社 七五三パック]

ご祈祷・参拝
ご祈祷・参拝
人生通過儀礼
七五三・お宮参り
天満宮御鎮座四百年祭
フォトギャラリー
朱印紙
お問い合せ
ページTOPへ