page top

舞台

豪華絢爛 松本深志舞台 18台

祭礼に繰り出す山車を、松本では舞台と呼びます。深志神社の例祭に曵かれる氏子町内の舞台は16台。平成13年、女鳥羽川北の2台の舞台とともに「松本市重要有形民俗文化財」に指定されました。

毎年7月24日・25日、天神祭には深志神社境内に16台の舞台が曳き込まれ、各町内自慢の舞台が綺羅を競う様は松本の夏を代表する風物詩です。

*以下の写真をクリックすると各舞台の詳しい説明をご覧いただけます

松本深志舞台

現在深志神社祭礼(天神まつり)に曳かれる舞台は16台。松本城下、女鳥羽川以南の南深志地区16町が保有しています。その16町は、本町1、2、3、4、5丁目、伊勢町1、2、3丁目、博労町、中町1、2、3丁目、飯田町1、2丁目、小池町、宮村町1丁目で、いずれも江戸時代初めより松本城下町の親町・枝町を構成する古い町です。
平成13年に北深志地区に残る2台(東町2丁目、六九町)とともに、「松本城下町の舞台」として松本市重要有形民俗文化財に指定されました。

典型的な深志舞台 中町2丁目舞台
(典型的な深志舞台 中町2丁目舞台)
  • 四輪形式
    前輪が台輪の外の付く大型の外輪式、後輪は小型の内輪式。古くは三輪。
    輪の形態は御所車型。
    ≪例外 飯田町2丁目は前後輪の大小が逆。博労町は輪が寄木型≫
  • 二層形式(二階建)
    下層は幅一間、奥行二間の囃子台で、三方に張り出しの勾欄がつく。二階へ上る梯子と太鼓台を備える。
    上層は幅一間・奥行き一間で下層から建つ4本の丸柱で屋根を支える。四周に勾欄を廻らせ、内部に人形を置く。
    ≪例外 本町4丁目、5丁目舞台は二階屋根を持たない櫓型≫
車輪と下層部分
(車輪と下層部分)
本町2丁目舞台 鬼と下魚
(本町2丁目舞台 鬼と下魚)
  • 屋根
    起り型(ムクリガタ)
    二階大屋根は切妻妻入りの起り型屋根。また上下層の間・支輪部に四方に葺下ろしの起り屋根(庇屋根)をつける。塗装は漆塗り。
    ≪例外 飯田町1丁目、2丁目、中町3丁目は二階大屋根が唐破風型≫
起り型屋根 伊勢町3丁目舞台
(起り型屋根 伊勢町3丁目舞台)
庇屋根と勾欄回り錺金具 本町1丁目
(庇屋根と勾欄回り錺金具 本町1丁目)
  • 舞台人形
    二層部に大型の人形を置く。
    ≪例外 現在人形を積載するのは9舞台、7舞台は人形がない≫
舞台人形 中町1丁目 「猩々」
(舞台人形 中町1丁目 「猩々」)
舞台人形 中町2丁目 「神武天皇」
(舞台人形 博労町 「鐘馗」)
  • 塗装
    漆塗り。下層は春慶塗、上層は黒のロイロ塗。
    ≪本町3丁目は極彩色≫
  • 彫刻
    台下、下高欄、持送り、支輪部、上層欄間、木鼻、輪覆いなどに素木彫の彫刻がつく。
    ≪例外 本町4丁目、5丁目、宮村町1丁目は彫刻なし≫
博労町舞台の持送り彫刻
(博労町舞台の持送り彫刻)
本町2丁目舞台の勾欄下彫刻
(本町2丁目舞台の勾欄下彫刻)
  • 錺金
    二階勾欄下に各種意匠の錺金具。二階勾欄部には正面刎勾欄、四隅擬宝珠、笹金具。下高欄各所、垂木包み金具など。
    台輪には黒漆塗りの鉄金具。
  • 舵棒
    後部のみ。差し込み式で先端には龍頭の彫刻が施される。
    前方には曳き綱。
    ≪本町1丁目は象頭彫刻≫
舵棒の龍頭彫刻 伊勢町2丁目舞台
(舵棒の龍頭彫刻 伊勢町2丁目舞台)

深志舞台の歴史

深志神社の古伝によれば、元和元年(1615)小笠原忠真公が大阪の陣の戦勝帰陣に際し、南深志十三ヶ町産子に命じ山車舞台を造らせ、社前に曳き入れて各々舞人をして奏楽せしめ、神輿二基、神官騎馬にて奉行警護し南深志を渡御された、と伝えられています。戦国の世が終わり、平和の時代の訪れとともに天神まつりと神輿・舞台行事が始まりました。
舞台の名称が文書に現れる最も古い記録は元禄五年(1692)とされます。当時の舞台はもちろん残っていませんが、どんな姿をしていたのでしょうか。その後、各町内の舞台は代を重ね、現在16台の舞台が綺羅を競っています。
舞台の数は、江戸時代末に13台と記録されています。その後明治期に町会の分割があり(伊勢町⇒伊勢町上丁・中丁・下丁⇒伊勢町1丁目・2丁目・3丁目など)、大正期には16台になっていたようです。
舞台の代替わりを本町2丁目に追ってみますと、
・寛政 5年(1793)舞台建造-天保8年(1837)南安曇郡大妻村へ同舞台売却
・天保 9年(1838)舞台建造-明治21年(1888)北安曇郡大町村大黒町に売却
・明治11年(1878)簡易型舞台建造-本町2舞台庫に現存
・昭和 9年(1934)舞台建造-現在の本町2丁目舞台
のようになり、現在の舞台は、少なくとも4代目であることが分かります。

梓川北大妻 野々宮神社舞台
(梓川北大妻 野々宮神社舞台)
県宝 大町市大黒町舞台
(県宝 大町市大黒町舞台)
また、売却された舞台も、寛政の舞台は松本市梓川北大妻地区に現存し、野々宮神社の祭礼で今も曳かれており、天保の舞台は現在大町市大黒町舞台として、県宝に指定されています。
このように、他地区に売却された舞台は他にも、波田地区の下波田舞台(もと伊勢町舞台)、池田町下町舞台(もと本町4丁目舞台)などが、確認されています。

下波田舞台 向かって左
(下波田舞台 向かって左)
池田町1丁目舞台
(池田町1丁目舞台)

平成の舞台修復作業

平成7年、舞台の老朽劣化と舞台行事の衰退を憂慮した舞台町会有志により松本深志舞台保存会が結成されました。その後、保存会員の働き掛けにより、平成11年に東日本鉄道文化財団より支援事業に認定され、平成13年には松本市より『重要有形民俗文化財』に指定されました。
平成11年、博労町舞台の全面修復を皮切りに、支援金、松本市の文化財補助金を活用して、舞台修復事業が始まりました。平成の舞台修復は文化財としての修復を徹底するため、学識者による舞台修理審査委員会による修理方針に基づき、地元伝統職人で組織する舞台修理プロジェクトチームにより施工を行っています。
平成23年現在、12台が修復を終えました。平成の舞台修復事業は間もなく完了します。

写真:本町一丁目舞台

本町一丁目

昭和14年建造、彫刻は大島五雲(井波)、金具は高岡で、塗りも螺細や蒔絵などあらゆる技術が注がれている。木彫刻・金具・塗りの三拍子揃う最も豪華な松本舞台。平成20年大改修。

写真:本町二丁目舞台

本町二丁目

昭和9年建造。大工・彫刻・清水湧水、支輪部彫刻・太田南海。昭和の舞台であるが古典的松本舞台の姿を再現している。西王母・寒山拾得など南海の人物彫刻が素晴らしい。平成22年大改修。
四代目の舞台と伝えられる。三代目は明治21年大町に売却された県宝・大黒町舞台。

写真:本町三丁目舞台

本町三丁目

昭和13年建造、設計監督・彫刻は太田南海。正面の鷁首を始め彩色豊かで形態も特徴的。舞台全体を水鳥に見立てた設計思想が見事。平成15年大改修。

写真:本町四丁目舞台

本町四丁目

明治初期の建造、本来は屋根のない置台型で古典的な舞台形式。彫刻は少ないが木地が美しい。大きな飾り人形・神功皇后は非常に古く秀逸である。

写真:本町五丁目舞台

本町五丁目

明治初期の建造、4丁目とよく似た置台型二層構成で車輪も三輪式。御所車型の大きな車輪が印象的、簡素だが典雅な舞台である。人形は菅原道真公であるが現在積載せず。

写真:伊勢町一丁目舞台

伊勢町一丁目

明治25年頃の建造、三輪二層構成、二階部は唐破風飾り屋根付、垂れ幕囲い。彫刻は龍・鳳・麒麟・亀など。当初の姿は本町4・5丁目と似た置台型舞台と思われる。

写真:伊勢町二丁目舞台

伊勢町二丁目

明治25年飛騨高山より購入、明治35年頃漆塗り・彫刻を加えて完成したと伝えられる。原田蒼渓(伊勢町)彫になる仙人図などの彫刻が見事な典型的松本舞台。平成21年大改修。

写真:伊勢町三丁目舞台

伊勢町三丁目

明治25年建造、大工・坂巻儀平。大正11年、立石利喜太郎、清水湧水らにより改造・改修が施され、現在の姿となる。
木彫刻は少ないが錺金具が美しい。全体のバランスがよく清々しい舞台。平成22年大改修。

写真:博労町舞台

博労町

江戸時代後期の建造、彫刻は名工立川和四郎、人形は鍾軌。二階柱はせり上がり式で下層側面には格子の蔀戸が付く。彫刻・金具・人形とも豪華秀逸で、松本最古・最大とされる典型的舞台。明治3年、平成11年大改修。

写真:中町一丁目舞台

中町一丁目

昭和9年建造、三代目の舞台とされる。木彫刻などは少なく簡素な舞台だが、人形「猩猩(しょうじょう)」は初代からと伝えられるもので非常に古く秀逸。平成19年大改修。

写真:中町二丁目舞台

中町二丁目

明治45年建造。大工・彫刻・山口権之正、支輪部の彫刻と人形「神武天皇」は町内の人形師・太田鶴斎作。錺金具や塗りも中町の職人による。
日本昔話や皇朝忠臣列伝など木彫刻が多く、金具・塗りも秀逸な典型的深志舞台。平成21年大改修。

写真:中町三丁目舞台

中町三丁目

明治27年建造、人形は神職か? 前に進み首と手を振って幣束で祓いの仕草をするからくり人形。下層手摺りの子供の四季行事を描いた木彫刻が楽しく印象的。

写真:宮村町一丁目舞台

宮村町一丁目

明治20年代建造、もと櫓型構成であったという簡素な工法の舞台。飾り人形は須佐之男命で人形師田中徳斎翁の遺作。

写真:飯田町一丁目舞台

飯田町一丁目

明治18年建造、大工・矢沢寅三郎、彫刻は清水虎吉と伝えられ二十四孝や故事説話など人物彫刻が多彩、人形は高砂。二階屋根は2丁目とともに唐破風型。平成17年大改修。

写真:飯田町二丁目舞台

飯田町二丁目

明治5年建造、人形は蘭陵王。上下層とも床面が前方に張り出し、車輪は前輪が小さく後輪が大きい。これは他の舞台と逆で深志舞台の中でも特異な一台。平成18年大改修。

写真:小池町舞台

小池町

明治27年建造、製作は町内7名の大工ほか地元の技術者による。彫刻は清水虎吉で日本の古典説話や桃太郎を題材にした木彫刻が楽しい。平成17年大改修。

写真:東町二丁目舞台

東町二丁目

大正7年建造、大工・彫刻は清水湧水、日本神話を題材にした彫刻が素晴らしい質実重厚な舞台。現在北深志地区に残る唯一の舞台で、岡宮神社の祭礼(5月5日)に曳かれる。平成20年大改修。

写真:六九町舞台

六九町

明治30年建造、制作に関する詳細は不明だが構造は典型的な松本舞台。持送り部の彫刻「葡萄・リス」が写実的で非常に魅力的。四柱神社の祭礼(10月2日)に曳かれる。

舞台
舞台
神輿
舞台保存会
天満宮御鎮座四百年祭
フォトギャラリー
朱印紙
お問い合せ
ページTOPへ